社会人看護学校合格難しい?

社会人看護学校合格難しい?

看護師や准看護師になるにはまずは、看護学校へ入学する必要があります。
学校の種類として、准看護師学校、看護師専門学校、看護短期大学、看護大学の4種類があります。社会人の方が学校へ受験する場合、一般入試と社会人入試のどちらも受験資格があります。
准看護師学校とは名前の通り、准看護師の免許を取得するための学校です。この学校を卒業した場合には、准看護師免許の受験資格を得ることは出来ますが、正看護師免許の受験資格はありません。准看護師学校は、昼間だと2年間、夜間だと3年間教育を受ける必要があり、その後卒業又は、卒業見込みがある場合、准看護師免許の試験資格を得ることが出来ます。そして試験に合格すれば晴れて、准看護師となる訳です。
准看護師の免許取得後に正看護師になりたいと思った場合ですが3つの方法があります。
・中学卒業後准看護師免許の免許を取得した場合、実務経験が3年以上あり2年過程の看護師学校養成所、又は2年過程の看護短期大学で学び、看護師国家試験を受験し合格すれば正看護師免許取得となります。
・高等学校卒業後准看護師免許を取得した場合、2年過程の看護師学校養成所、又は2年過程の看護短期大学で学び、看護師国家試験を受験し合格すれば正看護師免許取得となります。
・10年以上の実務経験がある准看護師は、通信制の看護師学校養成所の2年過程で学び、看護師国家試験を受験し合格すれば正看護師免許取得となります。
 看護師専門学校と看護短期大学は3年間の教育を経て、卒業又は、卒業見込みがあり国家試験を受験し合格すれば正看護師免許取得となります。
 看護大学は4年間の教育を経て卒業又は、卒業見込みがあり国家試験を受験し合格すれば正看護師免許取得となります。看護大学の場合に限り、4年間の間に看護師の勉強の他に、保健師又は助産師の勉強も行いますので、卒業又は卒業見込みがある場合に保健師又は助産師の免許取得をする事が出来ます。学校によって、保健師か助産師の専攻科が違いますので、受験する際に学校を調べる必要があります。
現在、他の職業や主婦だった方が社会人入試を経て看護師を目指す方が多くおられます。ですので、同じ環境や境遇の中看護師を目指す方が多いと思いますので、諦めず看護師を目指してください。